戻る

 このコンサートでは、以前からとてもやりたかったピアソラ、そしてキャバレーソングを
歌います。ピアソラは最近ブームなので、ご存知の方も多いと思うのですが、キャバレー
ソングについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

 ベルリンのカバレット(キャバレー)は、1920年代から、ベルリンのあちらこちらで営業
されていた文芸寄席です。出し物の中心は歌で、リートとは呼ばずシャンソンあるいは
ソングと称していました。

 ソングの多くは政治やファッション、流行に対する風刺が多く、そのへんがフランスの
シャンソンとの違いです。ベルリンに花開いたこのキャバレー文化も、33年に政権を
取ったヒトラーにより迫害、禁止されました。それ以後、クルト・ヴァイルをはじめ、多く
の作曲家たちは国外へ亡命して、フランスのシャンソンやアメリカのミュージカル、映画
音楽等にたずさわるようになっていくのです。

 今回はこのキャバレーソングから3曲程歌う予定です。どうぞ、お楽しみに…。

祭りの準備 Vol.4  1999.9.6
〜キャバレーソング〜