戻る

 さて、9月17日(金)に、森の音Vol.10「恐い話」コンサートをする訳ですが…。メニュー
の方も大体決まって参りました。今回は、ピアソラ、クルト・ヴァイル、ベルリンのキャバレー
ソングを中心に、シャンソン、日米のPOPSなどを織り交ぜてお届けしようかと思っています。

 「恐い話」といっても、今回集めた歌の「こわさ」は実に様々です。妄想、どうしようもない死
への憧れ、時の流れに漂う悲しみ、愛するが故の孤独と憎しみ、異形の者たち、笑いの下に
隠された傲慢、全てのものを飲みこんで行く河の流れ、そして、殿方にはとっては最も怖い
「女」というもの…。

 これらの歌を聞いて下さった方が、1曲でも「これって恐い」と思ってくだされば、私は満足
です。

祭りの準備 Vol.3  1999.9.6
〜恐い話〜