ディスコグラフィ


ここではいままでは花木さんが出したCDを紹介します。が、なにせ情報が少ないので、以下のもの以外にご存知のかたは
ぜひお知らせください。随時掲載します。

CD(歌)タイトル 販売 発売 価格 備   考
愛のさすらい 天狼プロダクション 1999年 2000円 天狼プロダクション「隣の宇宙人」の劇中で歌った演歌。300枚限定製作。購入には天狼友の会に入会して通信販売しかありませんが、残りは非常に少ないとのことです。カラオケ伴奏付き。
WINGS コロムビア 1999年 1000円 TVアニメ「プリンセスナイン/卯月女子高野球部」の挿入歌(シングルCD)。CODC-1489
MY ETERNAL LOVE(高橋晴美の世界) 自費出版 1998年 3000円 ピアニストの高橋晴美さんの自費出版CD。花木さんは3曲歌っています。購入についてはシャンソニエ等で花木さんに直接申し込むか、私まで。おり返し、購入方法についてご連絡差し上げます。(一般のCD店では購入できません)
New!
「立原道造の詩による三つの歌曲集」
トーンマイスター 1996年    1996年1月に作曲家淡海吾郎先生の音楽生活40周年を記念してカザルス・ホールで行われたコンサートを録音したもので、全3ステージのうち花木さんは1ステージ歌っているとのこと。このWebを見てくださった方からの情報です。なんとか入手しようとアチコチ探してみましたが、そもそもコンサート後に参加者に配られたもので一般売りはしておらす、淡海先生の事務所にもCD製作会社にも在庫がありませんでした。まさに究極のコレクターズアイテム。


花木さんの歌について(雑感)

花木さんの持ち味はなんといっても気持ち良く伸びるソプラノ、楽器でいえばピッコロとかフルートといった管楽器のような声です。歌自体はどちらかというとバラードっぽい、ゆったりとした曲が多いと思ってました(まぁ「愛のさすらい」は別ですが(笑) でも、とてもいい歌なんですよ(^^;)。「MY ETERNAL LOVE」で歌っている「夢飛行」などは比較的アップテンポな曲で、ちょっと珍しい感じ。シャンソニエでそういうと「そんなことないですよぉ」という答えが返ってきました。まだまだ引き出しは多いようで、楽しみです(^^) 

 「MY ETERNAL LOVE」について言えば、一番のお気に入り(って3曲しか歌ってないけど(^^;)が「Silent Love」という曲で、これは歌詞が素敵です。花木さん自身が「純愛」だったか「清純」だったか、ちょっと正確な言葉は忘れましたが、そんな意味の言葉で紹介していました。また、タイトルソング「MY ETERNAL LOVE〜人間賛歌〜」はラストのハイノートが聞きどころです。今まで聞いた限りでは、あまり激しい歌い方をしているものがなくて、何か物足りなさを感じていたのも確かです。が、この部分では拳を握り締めて限界まで搾り出すような、熱い(簡単にいえば、「キレた」(^^;)叫びを聞けますので「ああ、こういう部分もあるんだな」と妙な安心をしました(^^;

もう一つ気がついたのですが、花木さんは日本語、とくに濁音の発音が綺麗です。私は歌い方の好き嫌いが非常に激しいほうで、「ガ行」「ダ行」の発音が汚い人の歌はそれだけで聞きたくなくなります。もうすげぇ嫌い(^^;になって、友人の車の中でかかっても即座にスキップするし、コンビニでかかれば何も買わずに店を出ることもあります。最近人気の若手女性歌手の特徴と言っては言いすぎかもしれませんが、歌はうまい、声も出る、でも日本語が汚い。多分、ちゃんとしたレッスンを受けてないんじゃないかと思います。濁音の発声というの演劇や声楽を勉強するときには必ず受ける訓練だと思うんですけどね。尤も、家庭環境や育った地方によって違いますので一概には言えませんが。

花木さんはその点、とても綺麗に発声しますので全く気になりません。生まれつきなのか訓練のせいなのかは分かりませんが、よく聞いてみると濁音の発声については非常に注意している感じがあって、正統なレッスンを受けたプロの歌だなぁと思わされます。この辺も私が花木さんの歌にぞっこん惚れこんだ理由の一つなのかもしれません。




     歌姫へ